むし歯のこと、知っていますか?

treatment_caries_01

「歯が痛い」「しみる」などの症状で気づくむし歯。お口の中のむし歯菌が出す酸によって、歯が溶かされてしまう病気です。一度治療をしてもまた別の場所がむし歯になるなど、治療をくり返してしまいがちなのがむし歯の特徴。むし歯治療でたびたび苦しまないために、その原因や治療などについて、くわしく知っておきましょう。

むし歯の原因とは?

【原因1】 【原因2】

ブラッシングが正しくできていない

ブラッシングが正しくできていない

むし歯菌は食べカスに含まれる糖分をエサに増殖します。食べカスがたくさん残っていると、お口の中はむし歯菌でいっぱいになってしまいます。

糖分の多い食べ物が好き

糖分の多い食べ物が好き

食べカスの中でも、むし歯菌は糖分の多いものが大好きです。糖分がお口の中にいっぱいあると、むし歯菌はどんどん活発になってしまいます。

【原因3】 【原因4】

ブラッシングまでの時間が長い

ブラッシングまでの時間が長い

むし歯菌は、食事をしてから20~30分後くらいにもっとも活発になります。せっかくブラッシングをするなら、食後すぐにするのが効果的です。

歯質が弱い

歯質が弱い

もともと歯質が弱い人は、むし歯になりやすいもの。歯医者さんで指摘されたり、自覚があったりする方は、人一倍歯のケアに気をつけましょう。

むし歯の進行段階と治療法

進行段階 症状 治療法
C0
【ごく初期のむし歯】
C0 【ごく初期のむし歯】
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態。まだ歯に穴はあいておらず、痛みなどの自覚症状はありません。 適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。
C1
【エナメル質のむし歯】
C1 【エナメル質のむし歯】
エナメル質がさらに溶け、黒ずんでいる状態。冷たい物がしみることがありますが、まだ痛みはありません。 場合によってむし歯に冒された部分を削り、レジン(歯科用プラスチック)を詰めて治療します。乳歯の進行止めもフッ素塗布を行います。
C2
【象牙質のむし歯】
C2 【象牙質のむし歯】
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態。冷たい物や甘い物がしみるようになり、ときどき痛むこともあります。 むし歯に冒された部分を削り、レジンやインレー(詰め物)で補います。
C3
【神経まで達したむし歯】
C3 【神経まで達したむし歯】
神経までむし歯が進行した状態。熱い物がしみるようになるほか、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。 神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウン(被せ物)を被せます。
C4
【歯根まで達したむし歯】
C4 【歯根まで達したむし歯】
歯の大部分が溶けてなくなり、歯根までむし歯に冒された状態。痛みはなくなりますが、歯根部に膿が溜まると再び痛みが出ます。 多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後、入れ歯やブリッジ、インプラントなどで失った歯の機能の回復を図ります。

院長のワンポイントアドバイス(むし歯編)

ポイント1:
むし歯にならないためには、ブラッシングなどによる予防やメインテナンスが大事です。当院では歯科医師、歯科衛生士によるブラッシング指導も行っていますので、ご自身に合った正しい方法を身につけ、しっかり予防しましょう。
ポイント2:
むし歯は、放っておくとどんどん進行してしまいます。歯が気になった時には、できるだけ早くご来院ください。早ければ早いほど、治療も簡単に終えられます。院内に技工室があるので、ケースによっては即日で詰め物が入ります。
むし歯をつくらないためには、予防歯科にご相談ください

むし歯に関するお問い合わせはこちらから!
TEL:0465-20-3233

ページの先頭へ戻る