歯を失ってもインプラントがあります

インプラント治療とは、歯を失ってしまった顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せることで歯の機能を取り戻す治療です。インプラントには生体親和性の高い(体にやさしい)チタンを用いており、顎の骨としっかり結合するため自然な噛み心地がよみがえるだけでなく、セラミックの人工歯で自然な見た目も再現。機能性、審美性ともに優れたインプラントは、近年とても注目されています。

歯を失ってしまった方はもちろん、現在お使いの入れ歯に不満がある方も、一度インプラントを検討されてみてはいかがでしょうか?

インプラントと他の治療の違い

  インプラント 入れ歯
(保険適用の場合)
ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷つけたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

インプラントの流れ

STEP01.【カウンセリング・検査】

まずはじっくりカウンセリングを行った後、レントゲンなどを用いてインプラント治療に必要な検査を行います。

STEP02.【治療計画の立案】

検査結果とカウンセリングで伺ったご要望などをふまえ、治療計画を立案します。患者様が納得されるまで丁寧にご説明しますので、わからないことはなんでもお聞きください。

STEP03.【むし歯、歯周病、骨再生などの治療】

むし歯や歯周病などがある場合には、先にそちらの治療を済ませます。また、インプラント治療に必要な骨量がない場合には、GBRなど骨を再生させる治療を行い、インプラント埋入時にソケットリフトを行います。

STEP04.【インプラント埋入・治癒期間】

お口の環境が整ったら、インプラントを埋め込む手術を行います。手術後はインプラントと顎の骨が結合し、傷口が治癒するまで期間をおきます。この期間には、仮歯を装着できますのでご安心ください。※1ピース埋入後1週間は仮歯の装着はできません。2ピースは可能です。

【アバットメント装着】

人工歯を取りつけるための連結部品「アバットメント」を装着します。その後、再び傷口の治癒期間を設けます。

STEP05.【人工歯装着】

最後に、アバットメントに人工歯を装着し、治療は完了します。

STEP06.【メインテナンス】

インプラントを長持ちさせるためには、治療後のメインテナンスがとても重要です。せっかく埋め込んだインプラントを失ってしまわないように、治療が終わっても安心せず、最初は2~3ヶ月に一度定期的に通院しましょう。

【インプラントの料金※上部構造e-MAX 320,000円~(税抜)】

歯周病の検査法・治療法

抜歯即時インプラント

抜歯即時インプラント

通常、抜歯後にはインプラントを埋め込むまでに治癒期間が必要です。しかし抜歯即時インプラントなら、抜歯と同時にインプラントを埋め込むことができるため、治療期間を大幅に短縮できます。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

顎の骨に最小限のインプラントを埋め込み、それによって入れ歯を固定する治療。入れ歯の「ずれる」「もたつく」といった不満を解消します。

ソケットリフト

ソケットリフト

インプラント治療を行うにあたり、上顎の骨の厚みが不足している場合に行う方法。上顎洞の下の骨から人工の骨補てん剤を挿入し、専用の器具で上顎洞底を押し上げて骨の厚みを確保します。

GBR

GBR

骨が不足している部分に、周囲の歯肉が入り込むのを阻止して骨の再生を促す「メンブレン」という人工膜を入れてスペースを確保し、その中に人工の骨補てん剤や自家骨を詰めて骨の再生を促します。

インプラントを入れた後のメインテナンスが重要です

「インプラント周囲炎」という病気をご存じですか? これは、“インプラントの歯周病”と言われる病気です。インプラント自体は人工物であるためむし歯になることはありませんが、周囲の歯ぐきや顎の骨は天然なままのため、お手入れ次第では歯周病のように徐々に破壊されていき、最後にはインプラントは抜け落ちてしまうこともあります。

つまりインプラントを守るためには、これまでと同様に予防をする必要があるのです。予防の基本は毎日の正しいブラッシング。その上で、定期的に歯科医院でメインテナンスを受けることが大切です。費用をかけ、手術をして埋め込んだインプラントを失ってしまわないよう、積極的にメインテナンスを受けましょう。

院長のワンポイントアドバイス(インプラント編)

ポイント1:
インプラントには、日々のケアやメインテナンスが欠かせません。当院ではご自分できちんとケアするのが難しい方には、インプラント治療のご提案を控えさせていただきますのでご了承ください。
ポイント2:
インプラントは、決して永久的なものではありません。メインテナンスがしっかりできるかによって、寿命は変わってくるものだとご理解ください。
インプラントに抵抗を感じる方には、入れ歯があります

インプラントに関するお問い合わせはこちらから!
TEL:0465-20-3233

ページの先頭へ戻る