お口全般のお悩みはおまかせください

親知らずとは

「奥歯の奥の歯」とも言える親知らずは、前歯から数えて8番目の歯のこと。10代後半から20代前半に生えてくることが多い歯ですが、生えてくる人と生えない人がいます。生えてきても横を向いていたり斜めに生えたりすることが多く、ブラッシングがしにくいことからむし歯や歯周病になりやすくなっています。また、隣の歯を強い力で押すため歯並びを乱してしまうこともあり、多くの場合抜歯が必要になります。

なお、正しい向きできちんと生えてくる親知らずもあり、そのような場合には抜歯の必要はありません。抜歯が必要かどうかも含め、親知らずが気になる場合には一度当院までご相談ください。

抜歯後の注意点

  • 抜歯後には、歯ぐきに穴があくため違和感がありますが、できるだけ患部を舌でさわらないようにしましょう。
  • 抜歯後には、激しい運動や入浴、また飲酒は控えてください。
  • 痛みが出そうな時には、あらかじめ痛み止めを服用することをおすすめします。
  • 腫れることもあります。

その他のお口のトラブルについて

口腔外科では、さまざまなお口のトラブルに対応しています。

  • 親知らず
  • 歯牙移植
  • 外傷(お口のケガ)
  • 口腔粘膜疾患   その他

お口について、お困りのことやわからないことがある場合には、いつでもお気軽にご相談ください。

院長のワンポイントアドバイス(親知らず編)

ポイント1:
親知らずが原因となって、むし歯や歯周病になったり歯並びが乱れてしまったりする人もいます。骨がやわらかいうちに、早めに抜歯することをおすすめします。
ポイント2:
親知らずの対応については早期に判断したほうがよいため、できるだけ早めにご来院ください。

親知らずやお口に関するお問い合わせはこちらから!
TEL:0465-20-3233

ページの先頭へ戻る