歯を残す根管治療とは

歯の中には、「歯髄(神経や血管)」がとおっている「根管」という細い管があります。むし歯が悪化すると歯髄は死んでしまい、そのままにしておくといずれ歯を抜かなくてはならなくなってしまいます。それを回避するために行うのが歯髄を取り除く「根管治療」です。

根管治療では、根管から神経や血管などを除去し、清掃・消毒をした後、薬剤を詰めて最後に被せ物を装着します。この治療を確実に行うことによって、天然歯を残すことができるのです。

根管治療に欠かせない器材

根管治療は目に見えない部分を扱う大変繊細な治療となり、高度な技術が必要です。当院では以下のような器材を用い、根管治療を行っています。

マイクロスコープ

患部を拡大して見ることができる顕微鏡。難治症例の根管もマイクロスコープでしっかり拡大することで、確実な治療が可能になります。

ラバーダム

歯に装着し、根管内への細菌の侵入を防ぐゴムコートのようなもの。小さい治療器具の誤嚥防止などにも効果的です。※絶対的な使用はありません。

ニッケルチタンファイル

歯髄を除去する際に使用する器具。従来のステンレス製のものと比較して弾力性があるため、複雑な形状の根管にフィットし、治療の確実性を高めると共に治療時間を短縮できます。

【マイクロスコープの重要性】

歯科治療では見えづらい部分を治療するため、知識はもちろん長年の経験や勘がとても大切になります。しかし、「経験や勘」に限界があるのも現実です。そこでとても重要になるのがマイクロスコープ。かつては見えなかった患部が拡大して「見える」ようになったため、治療の確実性が格段に上がったのです。

マイクロスコープは、患部を「拡大する」ことで根管治療の精密性を助ける、欠かせない器材というわけなのです。

インプラントの流れ

STEP01.

歯髄(神経・血管)を取り除きます

STEP02.

根管の長さを、専用器具を用いて測ります

STEP03.

根管内をきれいに洗浄します

STEP04.

洗浄した根管内を消毒します

STEP05.

根管に薬剤を詰め、密封します

STEP06.

土台を入れます

STEP07.

被せ物をします

院長のワンポイントアドバイス(根管治療編)

ポイント1:
院長は、大学病院の保存学講座出身です。根管治療はおまかせください。特に、歯髄の除去や根尖病巣(むし歯菌が歯髄にまで感染し、根管の先端に膿の袋ができること)を専門にしておりましたので、安心した治療をお受けいただけます。
ポイント2:
根管治療は治療時間が短く、何度も通っていただかなければいけない時もありますが、家の基礎工事をするのと同じです。とても大切な治療ですので、技術および経験のある医院で治療を受けましょう。当院ではマイクロスコープを導入しておりますので正確で精密な治療が行えます。
根管治療が必要になる前に、しっかりと予防しましょう

根管治療に関するお問い合わせはこちらから!
TEL:0465-20-3233

ページの先頭へ戻る